軽車両を運転するなら知っておきたい保安基準とは

軽車両と聞くと黄色いナンバーの軽自動車を思い浮かべがちですが道路運送車両法では原動機を持たない車両の総称です。自転車や人力車、リアカー、馬車、牛車、祭の山車や人が乗る動物、ソリ等も含まれています。ただし車椅子や小児用の自転車は該当せず歩行者扱いになります。自動車と同じように交通規則や保安基準が定められています。原動機付きではない車両について空車状態で人力で運行する場合では長さが4m、幅が2m、高さが3m以内とし畜力で運行する場合でも長さ12m、幅2.5m、高さが3.5mを越えてはならないとしています。ただし地方運輸局長の許可を受けたものはこの限りではありません。また人力車以外は制動装置を備えなければなりません。乗用に供する車両はある程度の音響を発する警音器の備えが必要です。安全な乗車の確保の為、座席のシートベルト等の保安基準は自動車と同じ規定を準用しています。運転免許は要りませんが定められている交通規則を違反すると交通切符が交付されます。保安基準にも罰則があるので注意が必要です。道路交通車両法で適用される自転車は三輪自転車と側車つきの二輪車のみで通常の二輪自転車は基準適用対象外となっています。花05

Filed under: 未分類 — メッシ 8:55 PM