原動機付自動車に乗るなら知っておきたい保安基準のポイント

原動機付自転車は保安基準があまりない誤解されることがあります。ウィンカーやライトなどの基本的なものがあり、自賠責に入っていれば自己責任だと思っている人もいます。ところ原付も自動車やオートバイと同じく保安基準があります。保安基準のポイントは原付のサイズや義務付けられているものを正しく装備していることです。たとえば原付の大きさは本体の長さは250センチ、幅は130センチを超えることはできません。高さも200センチ以内でないといけません。ですから自分で自転車やバイクをつくる場合はこのサイズの範囲内におさめる必要があります。本体に必ず装備しなければいけないものには、どのようなものがあるでしょうか。前照灯や尾灯です。これらは基準に達した、十分な明るさが求められています。また後部反射機も必要です。他にも制御灯や方向指示器、警音器が必要です。もちろんミラーやナンバープレートも必須です。このように原付であっても公道を走るためには、道路運送車両法が定める基準にかなっていなければ道路を走ることができません。原付に安全に乗るためにも、法律で要求されている基準に達していることは大切です。これらは自由を奪うものではなく、命を守ります。花04

Filed under: 未分類 — メッシ 8:54 PM